富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 教育委員会 > 教育企画課 > とやま科学オリンピックについて

とやま科学オリンピックについて

最終更新日:2019年3月15日

 科学的才能や論理的思考力、問題解決能力など、多くの児童・生徒が持っている様々な可能性を伸ばす機会を提供し、自然科学から人文・社会科学に共通する科学的なものの見方、考え方を伸長することを目的として、県・県教育委員会では、2011年度から「とやま科学オリンピック」を開催しています。

とやま科学オリンピックの問題はどんな内容なの?

きときとくん 自然科学、算数だけではなく、人文・社会科学を含めた幅広い分野から出題されます。また、毎年、富山に関連のあることが出題され、解きながら、ふるさとの豊かな自然や環境、歴史、文化、ものづくりなど、富山の過去・現在・未来について考えられる内容になっています。
<過去に出題されたテーマ>
 〇自然と環境:ライチョウ、ホタルイカ、チューリップ、黒部峡谷、富山湾 等
 〇文化・くらし:おいしい水、富富富、ます寿司、定置網漁、売薬さん、北陸新幹線 等
 〇歴史:北前船、米騒動 等
 〇ものづくり:高岡銅器、アルミ製品、ゼンマイバネ 等

学校のテストより、もっとむずかしいテストなの?

 学校で受けているテストとは出題形式が少し違いますが、「むずかしいところがおもしろい」と感じられる、チャレンジしがいのある問題になっています。
 今年度の参加者アンケートでは、「問題は難しかった(88%)」、「問題は面白かった(84%)」、「参加してよかった(89%)」と答えてくれています。

◆過去の問題については関連リンクから→

◆親子でチャレンジとやま科学オリンピックは関連リンクから→

◆富山県教育フォーラムについては関連リンクから→

◆科学の甲子園・科学の甲子園ジュニア全国大会については関連リンクから→

【 情報発信元 】
教育委員会 教育企画課 電話:076-444-3430  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

教育委員会 教育企画課
電話:076-444-3430