富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 生活環境文化部 > 環境政策課 > 平成30年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました

平成30年度環境月間ポスターの受賞作品が決定しました

最終更新日:2018年7月11日

 富山県と(公財)とやま環境財団が募集した環境月間ポスターの受賞作品が決定しましたので、お知らせします。

【応募状況】
 小学生の部 60点、中学生の部 93点  計 153点

 6月23日(土)に開催されたエコライフ・アクト大会において環境月間ポスターコンクールの表彰式を開催し、受賞者60名を代表して富山県知事賞最優秀賞の受賞者2名に賞状等が授与されました。

 また、受賞作品60点については、次の場所で展示いたします。
 是非、ご覧下さい。

 ○ ファボーレ      6/23(土)〜7/2 (月)
 ○ イオンモール高岡   7/4 (水)〜7/12(木)
 ○ アピタ魚津店     7/13(金)〜7/29(日)
 ○ ねいの里       8/2 (木)〜8/19(日)
 

富山県知事賞最優秀賞(小学生の部 高岡市立横田小学校6年 岡田 悠煌さん)

小学生(講評)
 私たちの周囲に広がる野や山、川や海。この豊かで美しい自然環境を守ろうと子供たちが、私たちの生活から出たゴミであるビンや缶、壊れた傘などを拾っている。楽しそうに笑顔で活動するその子供たちを見て、花や魚も笑顔になっている。中心から外に向けて子供を配置したことで画面に広がりと力強さが生まれ、明るい色調と共に作品全体が元気で活動的な雰囲気に包まれている。「ゴミから守るゆたかな自然」のキャッチコピーと共に、自然を守るためにできることから始めようという作者のメッセージが伝わってくる。見る側の子供たちや大人にも「自分にもできそう、やってみようかな」と感じさせ、環境保全活動へと誘ってくれるすてきな作品である。

富山県知事賞最優秀賞(中学生の部 小矢部市立蟹谷中学校3年 坂田 七海さん)

中学生(講評)
 キャッチコピー「広げよう3Rの輪」が目を引き、画面中央の「減」「繰」「再」の三文字に目が釘付けになる。三つの漢字は、Reduce(リデュース:ごみの発生を減らす)、Reuse(リユース:繰り返し使う)、Recycle(リサイクル:資源として再び利用する)の3Rの意味を端的に表している。三つに分割された画面には、それぞれの漢字が示す具体的な行動が親しみを感じさせる絵で象徴的に描かれている。オレンジ・緑・青の三色で塗り分けられた画面は、明るく統一感があり、文字を引き立てている。3Rの輪を広げるために、英文字や漢字を知らない子供からお年寄りまでの誰にでも分かるように伝えたいという、作者の意図が明確に伝わってくる優れた作品である。


次の賞については、関連ファイルをご覧ください。
 富山県知事賞優秀賞          9点
 とやま環境財団理事長賞        9点
 富山県県土美化推進県民会議会長賞   9点
 富山県環境保健衛生連合会長賞     9点
 富山県産業廃棄物協会長賞       8点
 富山県浄化槽協会長賞         5点
 環日本海環境協力センター理事長賞   9点

関連ファイル

【 情報発信元 】
生活環境文化部 環境政策課 電話:076-444-3141  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

生活環境文化部 環境政策課
電話:076-444-3141