富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 厚生部 生活衛生課 > 水道管の凍結による断水被害の防止について

水道管の凍結による断水被害の防止について

最終更新日:2018年12月5日

 平成29年度は寒波の影響によって宅地内の水道管が凍結し、破損することによる漏水が相次ぎ、大規模な断水に至る事例が富山県内で発生しました。
 県民の皆様におかれましては、冬季の水道管凍結に備え、次の点についてご注意ください。

1 凍結を予防しましょう

・日の当たらない場所やむき出しの水道管や蛇口には、保温材などを巻きつけましょう。
・冷え込みが予想されるときは、蛇口からほんの少し水を流しておきましょう。
・空き家で水道を開栓にしたままにされている場合は、定期的に水道管が破損していないか確認してください。また、使用していない水道管は水抜きをしておきましょう。

2 水道管が凍って水が出ないときは

・凍結した水道管にタオルなどを巻き、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。水道管が破裂するおそれがあるので、熱湯は絶対にかけないでください。

3 水道管の破損を見つけたら

・お住まいの市町村指定の給水装置工事事業者へ連絡し、修理を依頼してください。
・指定の給水装置工事事業者については、各市町村のホームページ又は窓口へお問合せください。

【 情報発信元 】
厚生部 生活衛生課 電話:076-444-3229  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

厚生部 生活衛生課
電話:076-444-3229