富山県ホームページ メニューを飛ばして本文へ

メニュー


検索


本文

ホーム > 組織別案内 > 総合政策局 国際課 > とやま海外安全情報ナビ

とやま海外安全情報ナビ

最終更新日:2017年9月23日

 このたび、海外に進出されている企業の方や渡航者等のため、進出先や渡航先の国の安全情報を迅速かつ円滑に収集し、必要な安全対策が図れるよう、外務省等から発出されている海外の安全情報を取りまとめました。
 また、継続的に海外安全情報を入手できる便利なシステムや、海外におけるトラブル防止のポイント等もわかりやすく紹介しておりますので、お役立てください。

1 各国の危険情報一覧

 各国の危険情報のうち、県内の企業が一定数以上進出している国・地域及び県の友好提携先を掲載しています。
 詳細は、必ずリンク先(外務省HP等)にて最新情報をご確認ください。
 また、更新は平日に行いますので、土日祝日はリンク先をご確認ください。

<出典>
外務省「海外安全ホームページ」
在外大使館ホームページ
厚生労働省検疫所「FORTH(フォース)」

<レベルについて>
レベル1:十分注意してください。
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)
なお、同じ国であっても、地域によってレベルが異なる場合がありますので、必ずリンク先をご確認ください。
(危険情報のカテゴリーの詳細は、右枠の関連ファイルをご確認ください。)

各国の危険情報(アジア地域) 平成29年9月22日時点

国名 危険情報(レベル) (新着) 感染症情報(レベル) (新着) 外務省HP 大使館HP 厚生労働省HP
中国 1(一部) - - - リンク リンク リンク
中国
(香港)
- - - - リンク リンク リンク
中国
(台湾)
- - - - リンク リンク
韓国 - - - - リンク リンク リンク
フィリピン 1〜3 - - - リンク リンク リンク
マレーシア 2〜3(一部) - - - リンク リンク リンク
インドネシア 1〜2 - - - リンク リンク リンク
シンガポール - - - - リンク リンク リンク
ベトナム - - - - リンク リンク リンク
タイ 1〜3(一部) - - - リンク リンク リンク
インド 1〜4 - - - リンク リンク リンク

各国の危険情報(ヨーロッパ、北米、中南米地域) 平成29年9月22日時点

国名 危険情報(レベル) (新着) 感染症情報(レベル) (新着) 外務省HP 大使館HP 厚生労働省HP
ロシア 1、3 - - - リンク リンク リンク
ドイツ - - - - リンク リンク リンク
アメリカ - - - - リンク リンク リンク
メキシコ 1〜2(一部) - - - リンク リンク リンク
ブラジル 1(一部) - - - リンク リンク リンク

※留意点
 ・新着情報は概ね1週間以内に発出された情報がある場合に掲載します。
 ・詳細は必ずリンク先(外務省HP等)にて最新情報をご確認ください。
 ・県内の企業が5社以上進出している国・地域※及び県の友好提携先を掲載しています。
  (※立地通商課調べ(H28.6時点))。
 ・平日更新。土日祝日はリンク先をご確認ください。

2 海外安全情報便利帳 

(1)たびレジ(外務省提供)*無料

 たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。
 旅行予定はないが、海外安全情報は入手したいという方や企業・団体向けの簡易登録もあります。
 海外旅行・出張など海外渡航の際には「たびレジ」に登録しましょう。

(右枠の関連リンクをご確認ください)

(2)ショートメッセージサービス(SMS)(外務省提供)*無料

 携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用し、お持ちのスマートフォンや携帯電話に直接メッセージが配信されます。緊急事態が発生した、又は発生が予想される地域において、極めて短時間に情報提供ができるようになります(一斉通報サービス)。
 また、実際に緊急事態が発生し、安否を確認する必要が生じた場合、スマートフォンや携帯電話に直接お送りするメッセージに対し、返信をいただければ、外務省が安否を迅速に確認できるようになります(安否確認サービス)。

 なお、このサービスを受けるためには、在留届※の提出、または「たびレジ」への登録が必要です。
(※在留届は、旅券法により海外に3ヶ月以上滞在する場合、提出が義務付けられています。)

 対象国・地域は限定されていますので、詳しくは右枠の関連ファイルをご確認ください。

※サービスの利用は無料ですが、SMSを送信する際に、送信料が発生する場合があります。

(3)海外安全アプリ(外務省提供)*無料

 海外にお住まいの方や海外旅行・出張中の方に、安全に係る情報をお届けすることを目的としたアプリです。

○このアプリを利用して下記のことが出来ます。
・スマートフォンのGPS機能を利用して現在地及び周辺国・地域の海外安全情報を表示。
・任意の国・地域を「MY旅行情報」機能から選択することで、その国・地域に対する海外安全情報が発出された場合にプッシュ通知で受信。
・各国・地域の緊急連絡先を確認。

 各ストアアプリから、「海外安全」と検索し、ダウンロードしてください。

(右枠の関連リンクをご確認ください)

(4)海外安全情報情報リンク先一覧

機関 内容 リンク
外務省 海外安全ホームページ リンク
外務省 在外公館リスト リンク
厚生労働省検疫所 FORTH(フォース) リンク
独立行政法人国際協力機構(JICA) 国別生活情報 リンク

3 海外安全への対策

(1)海外安全の基礎知識(外務省作成パンフレット「海外安全虎の巻2016」より)

(ア)日本とは違う海外事情

 日本は世界の中でも治安の優れた国の一つです。それゆえに、日本での生活に慣れ親しんだ日本人が海外へ出向いた際には、予想もしない事件・事故に巻き込まれるケースが非常に多く見受けられます。海外では、日本と違った危険も待ちかまえており、海外旅行は、常に事件・事故や急病と隣り合わせの環境にいるといっても過言ではありません。
 海外に旅行する際には、旅行者一人一人が事前に体調を確認し、海外用の「知識」と「意識」を持って安全対策を講じることが何よりも大切です。

○渡航先の十分な知識を持って 
 渡航先の治安状況や犯罪の傾向や手口、法律や習慣を事前に熟知しておくことで、多くの事件・事故を防ぐことができます。渡航前には、外務省の海外安全ホームページの海外安全情報を参照し、渡航先の治安状況や安全対策等について必ず情報を収集しておきましょう。

○意識を海外モードに
 事前に収集した豊富な安全情報を実際の危機回避に活かすためには、「意識」を常に海外モードにしておく必要があります。特に一人旅は危険を伴いやすいとの自覚を持ち、信頼できる宿の確保等注意を怠らないことが重要です。

(イ)「自分の身は自分で守る」ための心構え

○危険な場所には近づかない
○多額の現金・貴重品は持ち歩かない
○犯罪にあったら抵抗しない
○見知らぬ人を安易に信用しない
○親しくなっても一線は譲らない
○買い物は信用のおける店を選ぶ
○ホテルの中でも安心しない

(ウ)「まず、渡航先の情報収集〜どんな情報が必要か〜」

○渡航先の治安情勢
○犯罪手口や防犯対策
○現地の法令・規則
○風俗・習慣
○健康・医療

(2)海外安全対策に関する詳しい情報について

 外務省では、海外でのトラブルを防止するための具体的な注意事項や、トラブルにあった場合の対処法などに関する各種パンフレット・資料の無料配布を行っています。
 一般的な情報のほか、海外赴任者向け情報、脅迫・誘拐対策や爆弾テロ対策などについてのパンフレット・資料もあります。外務省ホームページからダウンロードできますので、関連リンクをご参照ください。

各種パンフレット(外務省作成)
パンフレット名 リンク
海外安全虎の巻 リンク
海外赴任者のための安全対策小読本 リンク
海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A リンク
海外における脅迫・誘拐対策Q&A リンク
海外旅行のテロ・誘拐対策 リンク
海外へ進出する日本人・企業のためのCBRNテロ対策Q&A リンク

【 情報発信元 】
総合政策局 国際課 電話:076-444-3156  [ お問い合わせフォーム
Adobe Reader< PDFファイルをご覧いただけない場合 >
左記のボタンのリンク先から「Adobe Reader」をダウンロードしてください(無料)。

情報発信元

総合政策局 国際課
電話:076-444-3156